あまり思い入れは無いけど

あやまんJAPANが、新メンバーを3人追加したのか。ファンタジスタさくらだが卒業するにあたって、そういうことになったらしい。

さくらださん、最初スチャダラパーのBOSEと結婚するって聞いた時は正直、「えーっ!BOSEなんでー。」とか勝手に思ったけど、何か良い感じだよね。

二人ともカラフルでポップで。ダンスや歌、演技審査で新メンバーが決定したらしいんだけど、卒業証書を渡す時は、涙、涙だった様子。

ニュースサイトでお別れの言葉を読んだけど、寂しい気持ちになっちゃった。別に思い入れも何も無いんだけどさ。

どんなに明るくて華やかな人にも、誰でも思い悩むことはあるよね。ところであやまんJAPANのこれからは、コンセプトが一新するそう。

テーマは「清純、純白、癒し」。夜の試合はもうしないと書いてある。六本木ではなく、三鷹のジブリの森で集まるってさ。

シルキーカバーオイルブロック

配役が絶妙すぎるぜ

「永沢君」が実写ドラマ化だって!ちょうびっくりした。そんで、じわじわ面白い!

ちびまる子ちゃんに出てくる、たまねぎ頭のキャラクターなんだけど、この永沢君の役を劇団ひとりさんがやるんだそう。

写真を見たら、本当にあの頭になってる。漫画と同じように、学生帽も小さいよ。で、その親友の藤木君役がはんにゃの金田さん。

一瞬、鳥肌実かと思った!唇が紫色だよー。デブの小杉役が森三中の大島さん。

一人だけカツラかぶったりしていないっぽい、ほぼナチュラル状態なんだけど、性別の域を超えてしまっているのか・・・。

花輪君はウエンツ瑛士さん。いいねいいね。劇団ひとりさん、何か「ゴッドタン」のマジ歌選手権を彷彿させる。

コントの演技も面白いから、どんな風になるか楽しみ。まるちゃんは出ないのか。

ヴァントルテ ミネラルリキッドファンデーション

移ろいゆく街風景

小田急線の下北沢駅が、ついに地下化。東京はどんどん変わっていくね。めちゃくちゃ待たされたあの踏切も、次に行くときにはもう無くなっているんだ。

何かすっごく寂しい感じ。夏のすっごく暑い日に踏切に捕まったときは、本当につらかったりもしたんだけど、それが下北沢の名物でもあったから。

でも、変化していく事は受け入れないといけません。東京が停滞してしまったら、日本全体が止まってしまうもんね。

でも、あんまりピカピカに新しい駅になってしまったら、何だか落ち着かないや。

ちょっぴり荒んだ感じが、ダメな自分を受け入れてくれているみたいで、心地よかったんだけど。

地下化するにあたって、シモキタの街では色々とイベントがあるみたい。変わっていくことって、ワクワクするけどやっぱり切ない。

エステナードソニック